チーム作りからの道のり


by lebgsibffl

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 日本でも人気がある韓流スター、イ・ソジンさん(37)が4日、「一日青森県知事」を務めた。県産品をPRする青森市内のイベントに参加し、ファンら約700人の熱い視線を浴びた。

 イさんは「青森が大好き」(本人)で、1月に初めて訪れて三村申吾知事を表敬した際、一日知事を持ちかけられて快諾。韓国との親善交流や青森の情報発信に一肌脱ぐことになった。

 イさんにとって青森の魅力は「雪」。三村知事が「除雪費が大変」と伝えたが、後で「雪に降られたくて昨日は街に出かけました」と話し、どこ吹く風。雪国を愛する心は現職知事に負けていなかった。【後藤豪】

<泉鏡花>「摩耶夫人像」遺族が松竹に寄贈(毎日新聞)
<毎日・DAS高校生デザイン賞>大阪で表彰式(毎日新聞)
「いきなり府市解体」大阪市長が橋下構想に疑問(産経新聞)
NHK職員逮捕 公園で女性に下半身露出(産経新聞)
この男に見覚えは?振り込め「出し子」公開(読売新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-02-05 18:53
 09年に全国で発生した交通事故による死者4914人のうち、65歳以上の高齢者は2452人で全体の49.9%に達し、統計の残る67年以降で最も高くなったことが警察庁のまとめで分かった。状態別の死者では、歩行中が1717人で、自動車乗車中の1600人を上回り、08年に続き最多となった。

 警察庁によると、年齢層別では、60〜64歳を除くすべての年齢層で死者数が減少。高齢者も前年比47人減となったが、若年層の減少幅が大きく、構成比で最高となった08年の48.5%をさらに1.4ポイント上回った。

 状態別では、死者数はすべての状態で減少。しかし、自動車乗車中と二輪車乗車中が前年比でそれぞれ110人減、104人減と大幅に減少した一方、歩行中はわずか4人の減少にとどまった。歩行中の死者は08年、シートベルトの着用率向上などで大幅に死者数を減少させた自動車乗車中をわずか11人上回り、34年ぶりに最多となったが、09年は差がさらに開いた。

 飲酒運転による死亡事故は9年連続で減少し、前年比13件減の292件。1257件を記録した99年の4分の1以下の水準となった。取り締まり強化と厳罰化の影響が大きいとみられる。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
研究の現場から:香りで癒やし、交通事故減へ 鈴木桂輔・香川大工学部准教授 /四国
飲酒運転撲滅の日:「しないで」街頭啓発でビラ配る−−直方署 /福岡
交通死亡事故:連続発生 豊岡南署、安全指導を強化 パトカーなどで街頭活動 /兵庫
セーフティ・コンテスト:無事故・無違反、296チームが達成−−大垣 /岐阜
クルマ高齢社会:70歳以上の運転免許保持者653万人。警察庁が進める支援策とは。

<普天間移設>候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
亀井氏「うるさい」発言で官房長官が陳謝(産経新聞)
<将棋>久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局(毎日新聞)
37路線50区間を対象に=来年度の高速道路無料化−前原国交相(時事通信)
<普天間移設>日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-02-04 19:00
 3日午前11時20分ごろ、京都市左京区岡崎東天王町のガソリンスタンド内にある「ドトールコーヒーショップ エッソ天王町店」にタクシーが突っ込み、店内にいた客の男女4人がけがをした。川端署や市消防局によると、タクシーに乗客はいなかった。川端署は自動車運転過失傷害の現行犯で、運転手の山本美良雄容疑者(77)を逮捕した。

 同署によると、タクシーは店の入り口付近に正面から突っ込んだ。山本容疑者は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。副店長の男性(30)は「裏で仕事をしていたら、ドン、ガシャンという大きな音がして、店に出るとスタッフが助けてと叫んでいた。店内には15人ほどのお客がいたが、パニック状態だった」と話した。

【関連記事】
奈良の県道で車と衝突、バイクの男性死亡
部下かばった上司逮捕 ひき逃げ身代わり容疑で 神奈川・厚木
近くの駐車場でも接触事故 飲酒で居酒屋に突入の男
居酒屋に車突っ込み4人けが、1人心肺停止
道路しゃがみ込み?男性はねられ死亡 大阪

普天間で平野長官、法的措置また言及 安保の重み 気づいた?(産経新聞)
民主議員「舛…あっ」 厚労相苦笑「長妻でございます」(産経新聞)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」−福島地裁支部(時事通信)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-02-03 19:11
【秋葉原17人殺傷 第2回】(3)

 《犯行当時の現場を写した防犯カメラのビデオテープについて、証拠調べが行われる。加藤智大(ともひろ)被告(27)は、背中を丸めて、じっと座っている》

 検察官「甲5号証は、ビデオテープです。被害者が写っているので、モニターはオフにさせていただきます。合計約30分ですが、(平成20年6月8日午後)12時18分30秒ごろから、12時21分ちょうどごろまでの、2分30秒間を再生します。特に、12時18分44秒と、12時20分57秒に注目してください…」

 《テープには、犯行現場の交差点近くの家電量販店ソフマップに備えられていた防犯カメラの映像が収められている》

 検察官「今ちょうど、12時18分30秒からスタートしますので、12時18分44秒ごろに注目してください…」

 《村山浩昭裁判長ら3人の裁判官の前に1台ずつ、検察官席と弁護人席にも1台ずつ置かれたモニターで、ビデオが再生されている。傍聴席から映像は見えない》

 検察官「…えーと、続いて、しばらく早送りします。12時20分57秒ごろに注目してごらんください…。今、12時20分57秒ごろですので、注目してください」

 《検察官は何度も時間に言及し、注意を促している》

 検察官「…しばらく早送りします…今、12時27分52秒でいったんストップします。この後の画像をごらんください。12時27分58秒ごろに注目してください…」

 《村山裁判長ら3人の裁判官は、あごに手を当てたり、みけんにしわを寄せたりしながら、モニターに見入っている。時間が気になるのか、検察官はビデオを操作しながら、何度も腕時計に目をやっている》

 検察官「今、12時33分1秒でいったんストップします。ここから約1分…12時33分8秒ころ、および、12時33分44秒ごろに、特に注目してごらんください…」

 《説明者とは別の検察官らも、唇を引き締めてモニターをのぞき込んでいる。重要な場面なのだろうか、村山裁判長らも、やや身を乗り出したように見えた。検察官は同じ部分をもう1回再生したようだ。その後、「では、5号証の取り調べは以上であります」と結んだ。加藤被告は、身じろぎもせず座ったままだ》

 《ここで検察官が、検察官席と弁護人席の後ろ側上方に備えつけられた大型モニターに、リモコンでスイッチを入れた。画面には「甲76 捜査報告書」の文字が映し出された》

 検察官「続いて甲76号証は、犯行現場の地番を特定した捜査報告書です…」

 《加藤被告がトラックで5人を死傷させた現場と、トラックを停車させた現場の厳密な「地番」が表示された。検察官は席に着き、別の検察官が立ち上がった。ここから犯行に使われたダガーナイフなど、凶器の説明に入る》

 検察官「ナイフの種類や、どこから発見されたのかなどを、簡単に説明いたします。ナイフは全部で5本あります。後ほど現物を提示します…」

 《押収されたナイフは、(1)ダガーナイフ(2)折りたたみ式ナイフ(3)ユーティリティーナイフ(4)ダイバーズナイフ(5)ユーティリティーナイフ−の計5本だ》

 《検察官は、それぞれについて刃体の長さや、押収状況を明らかにしていく。犯行に用いられた(1)のダガーナイフは12・3センチ。(2)の折りたたみナイフは9・1センチで、加藤被告のジャケット内から発見された》

 《(3)のユーティリティーナイフは11・5センチで、犯行現場の路上に落ちていた。(4)のダイバーズナイフは12・2センチ、(5)のユーティリティーナイフは11・6センチで、いずれもトラック内のリュックサックから押収された。検察官は早口で説明を終えた》

 検察官「それでは、証拠品を示します」

 《検察官が手元の風呂敷をさっと解くと、透明なケースが現れた。その中には、鞘が外され、刃が剥きだしになったダガーナイフ。犯行に用いられた凶器。法廷がざわめき始めた。一部の傍聴者が思わず、身を乗り出す》

 検察官「見えますか?」

 《加藤被告は軽くうなずいた》

 検察官「透明のケースに入っていますが、ケースは証拠品ではありませんので…」

 《検察官はケースを持って加藤被告に近づく》

 検察官「見覚えがありますね?」

 被告「はい」

 検察官「あなたが使用したナイフに間違いありませんね?」

 被告「はい」

 検察官「あなたの所有物ですね?」

 被告「はい」

 《加藤被告の声はほとんど聞き取れなかったが、3度目の問いかけにだけ「はい」とはっきり返事をした。背中を丸めた姿勢のまま。表情も淡々としており、特に感情の動きはうかがえなかった》

 =(4)に続く

【関連記事】
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
弁護側冒頭陳述「彼にとって掲示板とは何なのか」 秋葉原殺傷初公判

<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
国内長寿2位・113歳、太田ちよのさん死去(読売新聞)
「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)
<自殺者>12年連続で3万人超す 09年(毎日新聞)
郵政株の政府保有51%以上、国民新・社民党案(産経新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-02-02 22:27
 28日午前1時15分ごろ、千葉県四街道市千代田3、建築業、小野幸一さん(65)方から出火、木造2階建て住宅延べ約115平方メートルを全焼し、焼け跡から遺体1体が見つかった。同居する長男繁一さん(39)と連絡が取れなくなっており、県警四街道署が遺体の身元を調べている。同署によると、小野さんと繁一さんは2人暮らしだった。【神足俊輔】

【関連ニュース】
火災:木造2階建ての旅館全焼 けが人なし 熊本県長洲町
火災:住宅2棟全焼 焼け跡から2遺体発見 横浜市瀬谷区
火災:住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮
火災:中学で授業中にボヤ 不審火か 愛知・尾張旭
火災:住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田

毎日・DAS高校生デザイン賞 大阪で表彰式(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)
「現地の人の痛み軽減できた」=緊急援助隊医療チームが帰国−ハイチ地震(時事通信)
核密約報告書提出、2月以降に延期(産経新聞)
<掘り出しニュース>「横手やきそば道場」開講 鉄板名人目指し15人受講 合格者には「麺許状」交付(毎日新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-02-01 21:59