「ほっ」と。キャンペーン

チーム作りからの道のり


by lebgsibffl

<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 前原誠司国土交通相と八ッ場ダム(群馬県長野原町)の地元住民との初の意見交換会が24日、同町内の体育館で行われた。前原国交相は建設中止方針を改めて謝罪。そのうえで厳しい国家財政などを挙げ、今夏にまとまるダム検証の新基準で検証しても「皆さん方のお気持ちにお応えすることはできない可能性がある」と述べ、中止を前提とした生活再建策の話し合いを求めた。住民はダム本体の建設を求め、意見交換は平行線に終わった。

 意見交換会には水没予定5地区の住民138人が出席。5地区が人選した住民12人が前原国交相に対し、「説明もなく中止と発言するのは独裁者の発言」「あとわずかで完成する時に中止との発言は横暴。我々はダム問題ではなく政治に翻弄(ほんろう)されている」などと意見を表明した。

 さらに、「(小沢一郎・民主党幹事長の地元の)胆沢ダム(岩手県)はなぜ事業が継続でき、八ッ場は本体中止の判断を下したのか」などの疑問の声も出されたが、前原国交相は2ダムの違いは本体着工の有無だとして「政治的配慮は全くありません」と説明した。

 意見交換後、前原国交相は「これが第一歩」と、話し合いを継続する考えを示しつつ、「予断なく検証していくが、マニフェストの中止の方向性は変わっていない。ダム中止を前提とした生活再建の話も一日でも早くやらせていただきたい」と述べた。【石原聖】

<労働者派遣法>12法案、参院での先議検討 政府・民主(毎日新聞)
ウェザーニューズ社を指導=台風上陸経路の広報で−気象庁(時事通信)
ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)
取り調べ録音テープ再生始まる 第4回公判で 宇都宮地裁(産経新聞)
山崎拓氏、国政復帰は困難に…引退は否定(読売新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-31 03:44
 大阪市北区の阪急百貨店メンズ館で、合計3000円以上のバレンタインギフトを買うと、QRコード包装紙付きのミニチョコレートが一つもらえるキャンペーンが始まった。携帯電話でコードを読み取ると「めっちゃ好き」「ギリっす」などの言葉とキャラクターが動画で表示される。

 男性にプレゼントする際に直接、「本命」「義理」「感謝」の気持ちを伝えるのをためらう女性らに人気だ。コードで読み取るメッセージは6種類の中から選ぶことができる。2000個限定で、なくなり次第終了する。【貝塚太一】

【関連ニュース】
携帯電話で聞く「モバイルお経」 東京・了法寺がQRコード付きカード販売

<共産党>市田書記局長 民主・小沢幹事長を説明責任で批判(毎日新聞)
<火災>住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
おとり捜査、薬物密売グループ52人摘発(読売新聞)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-29 18:09
 広島市立中学に通っていた際に同級生から受けたいじめで統合失調症になったとして、鳥取県に住む男性(21)が広島県や市、当時の同級生らに1100万円の賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は21日、330万円の支払いを命じた2審・広島高裁判決(08年10月)を破棄し、審理を差し戻した。差し戻し控訴審では賠償額が増やされる見通し。

 2審判決によると、男性は同級生から首を絞められたり文房具を壊されるなどのいじめを受けて不登校になり、02年11月に統合失調症と診断された。2審判決は、いじめと発症との因果関係を認めたうえで、いじめと発症それぞれの精神的苦痛に対する慰謝料を計1000万円と算定。「いじめがなくても発症した可能性がある」と7割を減額した。

 小法廷は、判例を踏襲し「発症に対する慰謝料に限定せず、いじめに対する慰謝料まで減額した2審の判断は誤り。改めて審理を尽くす必要がある」と指摘した。【銭場裕司】

【関連ニュース】
学校調査:児童・生徒の暴力行為は過去最多
沖縄・中2死亡:いじめの可能性 保護者が今春相談
防ごう!ネットいじめ/1 子どもに広がる被害
講演会:「インターネットと人権」テーマに−−名張・南中学校 /三重
定時制高校:さいたまで16日に説明会 生徒ら「良さ」語る /埼玉

ハイチ救援NPO、第2陣現地へ=医師、看護師ら11人−成田(時事通信)
取り調べ録音テープ再生始まる 第4回公判で 宇都宮地裁(産経新聞)
ブエナビスタ帰厩(スポーツ報知)
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承(医療介護CBニュース)
つかこうへいさんが肺がん公表(時事通信)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-28 16:03
 ペットと旅行するペットツーリズムが浸透する中、高級ホテルでもペットと一緒に宿泊できるところが増えている。背景にあるのは、ペットとの宿泊に加え、満足なサービスを受けたいという要望の高まり。ペットの家族化に伴い、一流ホテルのこうした取り組みはさらに広がりそうだ。(日出間和貴)

                   ◇

 ◆リピーター多く

 東京ディズニーリゾート(TDR)に隣接するヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市)。2年前からペットと宿泊できる部屋を1室提供している。周辺にはペットを受け入れているホテルがないため、週末を中心に予約で埋まるという。

 「利用されるのは若いカップルが全体の6割。残りは30、40代の夫婦や家族連れが多い。1室しかないので予約で埋まっていると、宿泊予定を変更される人もいます」と同ホテル広報担当の加藤真梨子さん。ペットと宿泊できる部屋をもっと増やしてほしいという声もあるが、現在のところ、その予定はないという。

 滞在型ホテルには、人間とペットのすみ分けを徹底するケースが多い。神奈川県箱根町の「ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ」にはペットと泊まれる部屋は6室。ペットが入れるゾーンに制限を設け、一般客とのトラブルを防いでいる。

 「フロントを通るのは人間だけで、愛犬は駐車場から外階段を通ってホテルの専任スタッフに預けられる。そこでブラッシングなどのケアを受け、家族の待つ部屋に向かう」(同ホテル)という徹底ぶり。

 「ファミリー重視」の経営哲学からペットと宿泊できるサービスを始めたのが「ザ・ペニンシュラ東京」(東京都千代田区)だ。平成20年秋から開始し、口コミで利用が拡大。クリスマスや記念日などに定期的に利用するリピーターが多い。

 都心の高級ホテルでは、「フォーシーズンズ椿山荘」(文京区)も愛犬との宿泊を受け入れている。ただし、客室以外はカゴの中に入れるなどの「ペットポリシー」を守るマナーが飼い主に求められる。 

 ◆専門ホテルも開業

 一方、年間800万人の観光客が訪れる軽井沢(長野県)は、全国屈指のペットの名所だ。「ここ数年、愛犬と一緒の家族連れが増えている」と軽井沢町観光協会。もともとペットを受け入れるペンションやコテージは多かったが、19年春に愛犬との宿泊をうたった専門ホテルも開業。公営ドッグランなどの充実で、愛犬家にとって旅行しやすい環境が整ってきた。

 ペットと同宿できるホテルが増えてきたことについて、ペットビジネスを多角的に展開するJPRの服部憲一取締役は「ペットとの共生の考え方が浸透し、ペットを取り巻く住環境などのノウハウが整ってきた証し。飼い主のマナー向上で、一般客とのトラブルが少なくなってきたこともある」と指摘。一方でホテル側の事情も挙げ、「あの手この手で幅広い客層を獲得することで客室の稼働率を上げようとしているのではないか」と分析している。

                   ◇

 ■各交通機関もペット対応

 ペット同伴の旅行をする際、公共交通機関を利用する人も多い。鉄道の場合、「手回り品」としての扱いを受け、ケージ(3辺の合計が90センチ程度)に収納して運ぶことができる。JRはケージ1個につき270円。新幹線も同じ料金だ。

 国内線の航空機の場合、空港カウンターで手続きを取る必要がある。路線によって異なるが、1ケージにつき3000〜5000円。ただし、ペットは貨物室に“搭乗”するため、体温管理の苦手な犬種は注意が必要だ。高速バスも昼行便に限ってペットを受け入れる会社がある。

【関連記事】
JTB、プライベートジェット機プラン 愛犬を連れてハワイ空の旅
釈由美子が獣医と婚約 「たおぱいぱい」が縁結び?
自慢の愛犬、サイトで紹介 ホリプロ関連企業など開設
ペットも“冷え”にご注意
犬のしつけが…因縁つけペットショップ店員に土下座させた女逮捕

振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)
飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)
小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首(時事通信)
松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明(産経新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-26 22:01
 大寒の20日早朝、鳩山内閣が建設中止を表明した八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の地元の川原湯温泉で、下帯姿の男たちが湯をかけ合う「湯かけ祭り」があった。氷点下3度の寒さの中、温泉街には「お祝いだ」の声が響き、一面白い湯気に包まれた。

 約400年前、湯が止まって困った住民が鶏を神前に供えたところ、湯がわき出したため「お湯わいた」「お祝いだ」と湯をかけて喜んだのが始まりとされる。ダム水没予定地のため住民が減り、観光客やダム工事事務所職員らも参加した。祭りの取りまとめ役「大将」を務めた金子勝美さん(49)は「今年も祭りができてよかった。今後も住民一丸で続けたい」と話した。【奥山はるな】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:千葉県の負担金差し止め訴訟 市民団体側敗訴
八ッ場ダム:千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟
八ッ場ダム:地元意見交換会、24日に開催…国交相発表
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元

<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
静まる法廷、響く音声=菅家さん、目閉じ聞き入る−「自白」テープ・足利再審公判(時事通信)
鳩山首相、イバラの道 責任論は必至(産経新聞)
<訃報>境田巌さん68歳=日本ホッケー協会常務理事(毎日新聞)
【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-25 22:55
 17日に2日目を迎えた大学入試センター試験で、北海道大、北海道教育大、北海学園大など札幌市、江別市内の北海道内の7大学8会場で、大雪によるJRやバスなどの交通機関の乱れで、試験開始時間を1時間繰り下げる措置がとられた。

 この日の札幌市内は、午前3時過ぎから大雪に見舞われ、午前9時には64センチの積雪が記録された。JR北海道によると、午前10時50分までに運休が84本あり、千歳線や函館線で大幅にダイヤが乱れた。このため、北大などが大学入試センターと協議して、繰り下げを決定した。

<器物損壊>墓石44基壊される 名古屋(毎日新聞)
出納責任者に懲役1年6月求刑=民主後藤氏陣営の選挙違反事件−熊本地裁(時事通信)
<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)
石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る(産経新聞)
<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-24 17:45
 産経新聞は、22日付大阪版朝刊の1面に掲載した小沢一郎民主党幹事長関係の記事の中で、1カ所「小沢容疑者」と表記するミスがあったとして、同日付夕刊におわび文を掲載した。
 間違いがあったのは、「小沢氏の立件視野」との記事で、最終パラだけ「小沢容疑者」と表記していた。東京版では「小沢氏」としていた。同紙夕刊は関西地方で配布されている。
 産経新聞の話 ケアレスミスが原因で、民主党本部には既に謝罪した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<千葉家裁>40代の男性書記官を戒告処分 事務処理を怠る(毎日新聞)
政権交代で再生可能に=日航更生法申請−菅財務相(時事通信)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見−最高裁(時事通信)
雑記帳 500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
小沢氏、東京地検の聴取応じる方向(読売新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-23 11:51
 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)について検察と弁護側、東京地裁が21日、協議を行い、今月26日に予定されていた西松建設の違法献金事件の第3回公判期日を取り消すことで合意したことが関係者への取材で分かった。

 大久保容疑者は昨年3月、西松建設事件で逮捕、起訴された。第3回公判では大久保容疑者の被告人質問が行われる予定だった。しかし、今回の逮捕で26日は勾留(こうりゅう)中となる見通しのため、検察側が公判期日の延期を申し入れていた。

【関連記事】
大久保被告「小沢氏の相続資産」 土地購入代金、石川容疑者が供述
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏
断てぬ「利益誘導」政治…田中・金丸直系の小沢幹事長
裏献金、鹿島が指示か 水谷建設に「あいさつに行った方が」
「任意捜査では解明できない」と判断 小沢氏の関与、随所に

民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
賃上げ「月額1万円以上」全労連が春闘方針案(読売新聞)
日航の更生法申請日を確定へ=19日軸に−前原国交相と首相が会談(時事通信)
<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-22 17:08
 仙台市は14日、宮城刑務所(仙台市若林区)の20〜70歳代の男性受刑者129人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、うち2人からノロウイルスが検出されたと発表した。

 重症者はおらず、全員が快方に向かっている。

 市保健医療課によると、受刑者3人が今月3日、症状を訴え、12日までに発症者が約60人に増えたため、同刑務所が若林保健所に報告した。同刑務所は、発症者を隔離したり室内を消毒したりしたが、その後も発症者は増えた。

 いずれも感染性胃腸炎で、検査の結果、14日に2人からノロウイルスが検出された。同刑務所は「受刑者の健康・衛生管理を徹底したい」としている。

新幹線のぞみ窓ガラスひび、広島駅で応急処置 1千人に影響(産経新聞)
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告、被告双方が上申書−熊本地裁(時事通信)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
元厚生次官ら連続殺傷 論告要旨(上) 「残忍極まりない凶悪な犯行」(産経新聞)
<JOC>東京五輪招致委の一部費用負担へ 赤字決算を受け(毎日新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-21 19:51
 原口総務相は18日、小沢民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件に絡み、「非常に分かりにくい法律を、誰が見ても分かるようにし、議員の政治活動の自由をしっかりと担保できるようにすべきだ。必要な論点整理をしたい」と述べた。

 総務省として、与野党から同法を通常国会で改正すべきだとの声が相次いでいることに関し、議員立法での改正の手助けとなるよう、複雑な法規制のあり方を中心に問題点を整理する考えを示したものだ。国会内で記者団に答えた。

 原口氏は同法の現状について「よく『ザル法』と言われるが、どこでひっかかるか分からないということを意味するという話を聞く」と指摘した。

「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見−最高裁(時事通信)
<CO中毒事故>パロマ元社長ら無罪主張し結審(毎日新聞)
パラリンピック代表、わいせつ行為で懲役8月(読売新聞)
[PR]
by lebgsibffl | 2010-01-21 02:13